YogaBookを一年近く使ってみて

このブログはYogabookを使用して書いています。

 

みなさん、おはこんばんちは(死語)

 

最近youtubeを見ているとYogabookのCMが流れているので、一年間Yogabookを使用してみた感想を書かせていただきます。

 

Yogabookのメリットを箇条書き形式で上げていきます。

 

 

 

  • 軽くて薄いので持ち運びがしやすい
  • 電池持ちがいい
  • 起動が早い
  • タッチパネル対応
  • キーボードが独特

ざっとこんなものでしょうか。

 

YogaBookはキーボードがHaloキーボードでとても独特なデザインをしているのでオンリーワンな端末になっています。

タッチ感覚で入力できるので意外と楽しいです。

ホームポジションから離れる入力、小指での入力ではたびたび入力間違えを起こすので一定のストレスはあると思います。

これもデメリットになるのですが、バックスペース、長音符などの記号がとても押しづらいです。当たり前なのですが、Aキーのすぐ隣にCapsLockキーがあるので間違えて押してしまうことがあるのでかなりストレスになります。

それでも買いたてのころに比べて慣れてきたのか今では物理キーボードと同じくらいの入力速度で入力できます。

また使用者の癖を学習して微調整する人工知能?を搭載しているので使えば使うほどこの魅力に囚われてしまいます。

 

タッチパネルや起動が早いのは最近のスマートフォンタブレットを使っていると当たり前のような気がするので割愛します。

 

キーボードが独特の形式なので、とても薄く軽いのでちょっとしたノート、参考書を鞄に入れている感覚で持ち運べます。

 

あと電池持ちがとてもいいです!

wi-fi繋げ、chromeでネットサーフィンをしていても残り時間が10時間と表示されているのでかなりいいのではないでしょうか。

 

デメリットを同様にあげていきます。

  • 性能が低い
  • キーボード入力の難易度
  • タッチパッドがマルチタッチに対応していない
  • ペンが画面で使用できない
  • ストレージが小さい

YogabookのCPUはAtomx5-Z8550です。やはりcoreシリーズに比べると性能は低く最新のPCに慣れている人はストレスを感じると思います。

ですが、4万台で購入できるモデルの中ではかなりいい方の性能になると思います。

 

それからタッチパッドのマルチタッチができない点が大変不満です。

windows10ではタッチパッドを3本指で左右にスライドすることで仮想ディスプレイの移動ができます。

しかし、Yogabookではタッチパッドがマルチタッチに対応していないためこのショートカットが使えません。

というか右クリックすらできません!!!!

いやなんでやねん!!!!!!!!!

設定項目からもタッチパッドの項目が消されているのでおそらくマルチタッチは無いものとして使っていくしかなさそうです・・・。

f:id:hobby_yuhey:20171130094652j:plain

▲キーボード下に表示されているこれはただのマウスポインタを動かすだけの飾りなのか・・・

 

付属の専用ペンはキーボード部分の入力にしか対応していません。

使い勝手はペンタブのような感じでしょうか。

Yogabookで絵を書かないため全く使いません!!!!!!!!

最大の特徴であるメモ書きとonenoteとのリアルタイム同期機能は専用のメモ帳のサイズが合わないため使いません!!!!!!

なんであんなに縦長なのか理解に苦しみます。七夕の願い事でも書けばいいのかな?

 

ストレージの小ささはクラウドmicroSDでカバーしましょう(白目)

 

以上長々と書いてきましたが、このYogabookは次の用途で使いたいって人が購入すべきです。

 

  • 出先で資料、電子書籍を読みたい!
  • タブレットBluetoothキーボードを一緒に持ち運ぶのが面倒
  • 重たいPCは嫌!
  • オンリーワンなキーボードでどや顔したい!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・タブレットでええやん・・・